2016年 10月 の投稿一覧

屋根塗装における断熱の役割について

住宅の屋根は雨によって水を溜めず捌けを良くする働きがありますが、逆に直射日光を受けやすいため、夏場の強い日差しの中では熱を吸収しやすい問題を抱えています。昔ながらの土葺き、瓦といった部材では、使用していた土そのものが断熱材の役割を果たし、日差しから吸収される熱を室内に伝えるのを抑えていた部分があります。しかし、現在の建築様式で瓦を使用することが少なくなり、まともに受ける日差しによって屋内が高温になりやすくなっているのが現状です。また、瓦を使用しても断熱効果のある造りにはなっていないものも多いので、逆に屋根塗装で断熱効果を求めるのが現在の主流となっています。使用される塗料は様々で、直射日光による風化を抑えるため、夏場の高温あるいは冬場の低温を抑えるために断熱作用のある塗料を使用します。室内に伝わる温度を一定に保つことでエアコンの使用率を下げて節電効果を狙うこともでき、高い耐候性で長い期間で屋根を守ることができます。

工務店に依頼するメリットデメリット

注文住宅を建築する際には、地元の工務店やハウスメーカーに依頼することが多いです。三重県伊賀市の工務店で注文住宅の建築を依頼するメリットは、ベテランの大工や職人に建築してもらえることです。大工や職人はプロ意識が非常に強く、手抜き工事などを行わず、丈夫で長持ちする家を心を込めて建ててくれます。
ハウスメーカーの注文住宅も高品質ですが、ハウスメーカーはテレビコマーシャルなどの広告宣伝費に膨大な費用をかけているため、広告宣伝費が建築費に上乗せされます。工務店は広告宣伝にあまりお金をかけないので、建築費用はハウスメーカーよりも安くなります。ハウスメーカーよりも安い費用で品質に優れた注文住宅を建築できることも、工務店に依頼するメリットになります。
工務店は時間をかけてじっくりと住宅建築を行うため、工期はハウスメーカーよりも長くなります。施工期間が長くなることが工務店のデメリットになりますので、急いで注文住宅を建てたい人はハウスメーカーの方が向いています。

設計事務所に依頼するメリットデメリット

注文住宅を建てる場合には、出来るだけ自分の希望を取り入れた住宅を建てたいものです。その為、注文住宅を建てる際に設計事務所に依頼して住宅を設計してもらい、自分の希望を実現した家を建てるという方法が有ります。
この場合、設計事務所と様々な点について打ち合わせを行い、事前に細かいところまで希望を取り入れた住宅を作る事が出来るというメリットがあります。事前にイメージを確認しながら、全ての条件を希望通りに設計する事が出来るのです。
但し、既にあるものを組み合わせて実現するハウスメーカーの注文住宅とは異なり、設計費用は非常に高額となる上、設計通りに住宅を実現できないリスクも有り、施工の段階で修正を加えなければいけなくなってしまうことも多いため、時間が掛かってしまうという問題も有ります。又、品質についてもハウスメーカーが用意する物とは異なり全く新しい形の家となるため、その品質は未知数の部分が有り、施工後の修復が必要になることも有りうるというデメリットが有ります。

断熱性のいい住宅とは

断熱性と気密性は同時に満たせる性能です。三重県の工務店の完成見学会で断熱性能を勉強しましょう。へ行きましょう。注文住宅は柱と梁の構造体で、しっかりと住宅そのものを支えられるように設計できるので、壁は自由自在にデザインを変更できます。壁に施工してある断熱材も同様です。注文住宅を建築するときに、断熱材を壁に施工しておくと、空気の流れが遮断されます。遮断は気密性を高めるポイントです。土地の環境によっては、通気性を確保しているほうが、湿気対策にも良い場合があります。断熱材にも種類がありますので、吸湿性と放湿性を備えている断熱材を選ぶと良いでしょう。注文住宅の工務店は、敷地の自然環境を見て判断してくれます。吸湿性と放湿性が備わっていると、壁材の内部に湿気がたまりにくくなり、結露も発生しません。結露が発生しそうになっても、過剰な湿気や水滴が吸収されるからです。室内の内壁や壁紙にも結露が発生しにくくなりますので、部屋でカビが繁殖しなくなり、衛生的です。断熱性の優れている一戸建ては、カビ予防効果も高く、健康面でも安心です。

家づくりの進め方2

念願の新築を建てる際、せっかくだから家族みんなの希望を取り入れた注文住宅を建設したい、とお考えの方は多いでしょう。では、注文住宅で家を建てる場合、どういった流れで家づくりを進めていけばよいのでしょうか。
まず、家づくりで一番最初にやらなければいけないことは、予算の決定です。住宅にどれくらいのお金をかけるのかが決まらないことには何も始まりません。その後、予算を踏まえながらの土地探しを経て、依頼する住宅会社を探します。住宅見学会などに積極的に参加し、良いと思った住宅会社のいくつかで、どのような家にしたいかというヒアリングをして、土地調査の上でプラン作成、また見積もりを行ってもらいます。その結果を受けて、最終的にどの会社を選ぶかを決めることになります。無事決定した会社と契約を結び、ここからは調査と打ち合わせを重ねつつ、住宅ローンの加入や建築確認申請の提出を行った後、家の詳細な仕様の決定、建設へと進みます。
注文住宅を一軒建てるだけで、ここまで膨大な手順を踏む必要があるのです。

家づくりの進め方1

三重県で建てる注文住宅は、ハウスメーカーや工務店に新築を依頼することか始まります。依頼する前に施主が行うことは、資金を用意することです。用意できる自己資金の額を確定し、足りない分は住宅ローンの手配をします。金融機関と相談し、概ね目途がつけば、新築を依頼する用意ができた事になります。土地が用意してある場合は境界が定まっていない部分の確定を行い、いつでも住宅が建てられる準備をします。土地がまだ定まっていない場合は、不動産業者に仲介を依頼するか、ハウスメーカー等に土地を斡旋してもらいます。資金と土地の目途がつけば、設計に着手できます。設計が始まったら担当の技術者に、施主が考えている要望を落ちなく伝えることが大切です。業者は施主が要望しないことはやってくれないので注意が必要です。設計が終わると建築確認申請を行ないます。建築確認申請が審査機関等の審査を通ることで、初めて新築の着工が可能となります。着工前に工事金額を業者との間で合意し、契約した後、工事が行われます。

後悔しない住宅会社の探し方

家族が安心して暮らせる住まいは、一戸建てを新築するときの材料で把握できます。天然無垢材を使用して新築する注文住宅は、家族が健康的に暮らせる住まいに仕上がります。天然無垢材は湿度調整機能が備わっているので、室内でカビが発生しにくくなります。木だけでなく、壁に施工する材料もポイントでする火山噴出物のシラスは、室内の湿度が高いときに湿気を吸収しておいて、室内が乾燥してくると湿気を放出してくれます。注文住宅の工務店は、鉄筋コンクリート建築の一戸建てを施工する場合も、内装には自然素材を使用します。フローリングの床板も、天然無垢材ならば長持ちします。害虫が寄り付きにくくなれば、衛生的な住まいに整います。ヒノキやヒバには、害虫忌避効果が備わっています。害虫がいやがる香りですが、人間やペットには爽やかで快適な木の香りです。天然素材の木材や壁材の説明を丁寧にしてくれる工務店は、メンテナンスも丁寧に実施してくれます。

失敗しない資金計画

住宅購入でマイホーム取得は、多くの方が持っている夢です。そんな一生に一度の大事な買い物をする前には、入念な資金計画を立てる事がとても大切です。資金計画が大まかな場合、後々の住宅ローン返済が苦しくなり、マイホームを手放すといった事態にもなり兼ねません。失敗しない資金計画作りに欠かせないのは、ローン返済額と収入、支出との比較です。自分の毎月のローン返済金額の上限額を決めるには、収支を見込んで計算する必要があります。月々の返済金額の上限を決めておく事で、無理のない住宅ローンの返済を実現出来るのです。また、住宅ローンの返済完了までの精度の良い資金計画を立てるには、固定金利型の住宅ローンを選ぶと良いです。固定金利型は、金利型が完済するまで一定に出来ます。利率が高い分、返済金額を一定に出来、安定した返済に出来ます。以上、注文住宅や分譲住宅などのマイホーム取得時には、充実した資金計画を立てる事が重要です。

失敗しない土地探し

三重県で注文住宅を建てるときに覚えておきたいことが、建物は何度でも直すことが出来ますが、土地は直したり変更したりすることが難しいという点です。
そのため、新築で注文住宅を建築する際には土地選びを慎重に行う必要があります。
まずは、土地の広さです。
大きな場所に大きな家を建てたいという理想がある人は多いものですが、大きくすればその分費用も掛かります。
住宅の場合、建てるときにお金がかかるだけでなく、その後も税金などで維持費がかかっていきます。
このような点も含めて、本当に必要な分の広さを求めることが大切です。
また、日当たりの状態なども確認しておくことが大切です。
前に大きな建物があったりすると、日中でもなかなか日が当たらなかったり、暗い家となってしまいます。
このような失敗をしないためにも、色々な時間帯の土地の様子をチェックしておくことが大切です。
また晴れの日だけでなく天気の悪い日の土地の状態も知っておくと良いでしょう。

注文住宅の設計について

注文住宅で新築の一戸建てを建築すると、工務店や設計事務所の担当者との会話が、設計にも大きく反映されます。施主の希望を聞いたうえで設計してくれるからです。建売分譲住宅のような規格を必要としませんので、一戸建てを単体として独自に設計してもらえます。建築家や設計士がデザイン設計をする場合は、工務店と設計事務所との連携も重要になります。施主は設計を依頼する立場ですが、必要に応じて建築士との調整も必要になります。覚えておきたいのは、資格を取得している立場なのは建築士である点です。建築家は建築士とは限りません。設計士は建築士ではありません。建築家と設計士は、施主のイメージを視覚化して建築士に伝える役割を果たしてくれます。施主がイメージだけで希望を伝えていても、実際に設計を担当する建築士には具体案として届いています。建築士の設計がイメージと異なる場合は、二度手間に感じられるかもしれませんが、建築士にもイメージを伝えましょう。最終的にはイメージの延長線上で、しっかりと快適に暮らせる安全な一戸建てが完成します。